BRUNOで作るとなんとなくおしゃれになる(かも)

簡単ブイヤベース

BRUNO ブイヤベース
要は洋風海鮮鍋なんですが

材料とつくり方

【材料】有頭エビ、イカ、ムール貝(冷凍)、たら、玉ねぎ、プチトマト、ブロッコリー(冷凍)、カットトマト缶
【調味料】コンソメキューブ、白ワイン、水、塩、胡椒
①BRUNOにオリーブオイルを引いてみじん切りにした玉ねぎをしっかり炒める
②カットトマト缶とコンソメキューブ、水(カットトマトの空き缶に入れる)を入れてしばらく煮る
③たら、イカ、ムール貝を入れてから白ワイン加えてフタをして、ある程度火が通ったら有頭エビとプチトマト、ブロッコリーを入れて煮る。基本、具材からの旨味が出るので調味料はなくても大丈夫だと思いますが、お好みで塩、胡椒を。
今回は冷凍のムール貝に最初からガーリック味がついていたので加えませんでしたが、通常のムール貝であれば一番最初にスライスしたにんにくをいためて香り付けした方が良いでしょう。

販売台数100万台以上!BRUNOのホットプレート

10年(!)使ったホットプレートがお役御免になってBRUNOに買い替えて早1年、いろいろと重宝しています。BRUNO最大のメリットは、なんといっても大したことないレシピでも、それらしく「映える」こと(半分冗談、半分本気で)。

うちではホットプレートとしてよりも鍋用に使うことが多いです。メインはBRUNOにおまかせで、ほっといている間に副菜を作ればまあまあにぎやかな食卓になりますね。

おしゃれなBRUNO、その親会社はあのムキムキ系?

BRUNO、ちょっと海外メーカーのようなデザインですが、手掛けているのは日本の「I.D.E.A」というメーカーで、創業は1995年というのでまだまだ新しい会社ですね。もともとは時計を中心にした商品の開発、販売が中心だったそうです。
ちなみにこの「I.D.E.A」、あの「RIZAP」のグループ会社だったりします。BRUNOとはまったく結びつかないですが(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました